日本食糧新聞社・新製品研究会では
2021年7月29日(木)にオンラインセミナーを開催致します。

・・・・・・・・セミナー概要・・・・・・・・・・

巷にならぶ食品を、すべての人が食べられる訳ではないという事実を忘れてしまいがちです。
食物アレルギーに苦しむ人や子どもは意外と多く、
加工食品や外食を自由に楽しめないという声は常に存在します。

食品メーカーも近年はそうした対応に取り組み始めていますが、
まだまだ啓蒙も含め、商品群が追いついていない部分もあります。

食物アレルギー配慮商品を持つ食品メーカー5社(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、ハウス食品)は、
こうした現状に対応すべく、
「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」への貢献を活動理念とし、
「プロジェクトA」と称する活動を行っています。
今回は、その一員でもある永谷園様に活動の意図や業界の賛同、自社製品への取り組みなどをお話し頂きます。

また外食も同様です。
アレルギーを気にしている世帯が外食を気軽に利用できるようになれば、
その市場規模はもっと増えるでしょう。
「外食を楽しみたいが、アレルギーが心配で行けない」という実情を踏まえ、
「アレルギー表作成代行サービス」「アレルギーヒアリングシステム」を構築したCAN EAT(キャンイート)様にその内容と実例を解説頂きます。

アレルギー表作成代行サービス
https://biz.caneat.jp/allergenlist/
アレルギーヒアリングシステム
https://biz.caneat.jp/allergyhearing/


食物アレルギーに関する最新情報を是非本セミナーで学び、
フードダイバーシティーを目指してください。


・・・・・・・・講 師・・・・・・・・・・
<講演1>
食品メーカーによる食物アレルギー協同取り組み「プロジェクトA」
株式会社永谷園ホールディングス 品質保証部 商品情報室 室長 渡部尚氏

<講演2>
「外食×アレルギー対応で5,000億円の市場を狙う方法」
株式会社CAN EAT 代表取締役/CEO 田ヶ原絵里氏


・・・・・・・・日 時・・・・・・・・・・

2021年7月29日(木) 

14:00~14:30 講演1 
14:30~14:35 チャットによる質疑応答
14:40~15:10 講演2
15:10~15:15 チャットによる質疑応答


・・・・・・・・受講料・・・・・・・・・・

▼新製品研究会 正会員様・5名様無料ご招待

▼その他の企業様のご参加・1名様5000円(税別)

※請求書に関しましては、お申込者様に後日お送り致します。
※当日受講ができない場合でも、料金が発生しますのでご注意ください。
※万が一受講ができない場合、振り込み頂きました受講料はご返金できませんが、代理視聴は可能です。(複数の同時視聴はできません)

開催日時 2021年07月29日(木) 14:00~15:30
募集定員 100名(先着順)
申込受付期間 2021年06月22日(火) 11:00~ 2021年07月29日(木) 17:00

セミナーは終了しました